セックスしたいときに利用する出会い系サイトの基本的な使い方と、女性の発情の季節とは

◇出会い系サイトを使う

彼女やセックスフレンドのいない男性であれば、常日頃、誰かとセックスしたい、そうとまではいかなくとも、エッチなことがしたいと考えるものではないでしょうか。肝心なのは、その方法です。そういったことをする相手を見つけるまでが大変なんですよね。

効率の良い方法として、出会い系サイトを使うことが挙げられます。出会い系サイトには、さまざまな地域の、出会いを求めている男女が集まります。自分の足で探すよりも選択の幅が広く、また向こうも誰かとエッチなことをしたいと考えているため、ナンパのようにまず相手の心を開かせてといった面倒がないのです。とはいえ、適当にやっていても相手が見つかるのかというと、そうではありません。出会い系サイトでも、それなりの工夫と努力は必要です。

たとえば、プロフィール。これは、用意されている項目をすべて埋めておくべきです。趣味や特技、生年月日、好きなアーティストや本、映画、好みの女性のタイプなど、どんな女の子があなたのどんなところに興味を持つかわかりません。可能性を広げるという意味でも、プロフィールを充実させるのは最優先です。

また、メールの際の、言葉遣いや、話題にも気を配る必要があるでしょう。どんなにルックスが良くて、お金持ちでも、口が悪かったり、話題が下ネタばかりだったりすると、それだけでとても嫌な人間に見えますし、「会おうよ」とか「エッチしよ」とか「こんにちは」とか一行だけのメールを送りつける人は、それほど本気で出会いを見つけようとしていないように見えます。

女の子に興味を持ってもらえる可能性を広げておくのがひとつ。そして、相手のことを考えて、メールの内容を決めるのがひとつ。これらを守っていれば、わりと簡単に相手が見つかるものです。出会い系サイトに登録しながら、いつまで経っても女の子の見つからないのは、そのサイトが悪質であるか、本人の努力不足に原因があります。サイトと、自分の言動を見つめ直し、正しいものに変えていきましょう。そうすれば、いずれ出会いはめぐってきます。

◇発情の時期

女性がセックスしたいと思うのは、冬から春にかけてです。冬は、気温が低く、人間はそれだけで憂鬱になってしまいます。そうしたときに、ふと人肌恋しくなることは誰にでもあるでしょう。また、春には、学校を卒業したり、住む地域が変わったりで、新しい友人をつくることに誰もが奮闘する時期です。そういうときに、誰か一緒にいてくれる人はいないかと考えてしまうのは仕方のないこと。男性の性欲には際限はありませんが、女性の場合、そういった「寂しい時期」にセックスしたいと考えるものなのです。

それを狙って出会い系サイトを使えば、出会える確率はさらに高まりますね。